めごちゃんち

本音で綴ろう気まぐれ育児記録

sun

つい先日、娘の一ヵ月検診が終わりました!

気まぐれにブログをはじめてみました。

 

飽き性だからいつまで続くかわかりませんが、頑張って本音で書いていこうかと思います。

 

当初は今年の一月に生まれる予定だったわが子ですが、勝手ながら『早生まれって年齢の計算が……』と思ってしまったもので、お腹にいるときから「12月の下旬(ちょうど暮れごろが正期産の37wだったので)に会おうね~」と語りかけていました。

 

妊娠後期から前駆陣痛にだいぶ振り回されました。

そして妊娠前から最終的に約20kgも太ってしまい、腰痛はひどくなるわ恥骨は痛いわで大変でした。腰が痛すぎて泣いたのは人生で初めてですw

恥骨痛と腰痛はいまだに痛いです。。

 

適度に散歩していたのですが、9ヶ月ごろ娘が下がってきているのと、お腹の張りがあったので安静にしてくださいと指示されました。

臨月に入り再び運動の許可が出たので、クリスマスベビーも素敵なような~、なんて考えながら趣味のダーツを楽しんだ25日。

私の希望通り出てきてくれるのか?!という期待と、前駆陣痛に振り回されるのにいい加減疲れて、『本来の予定日(一月半ば)通り出ておいで~。自分の好きなタイミングでいいよ~(矛盾)』と語りかけた翌日の37w0dの検診日26日。

 

検診帰りの午後16時過ぎ。父の車に揺られながら寝ていると、何かがはじけた感覚。

からの、尿漏れにしては量が多くてさらさらしたお水。。

 

あれあれおっかし~な~

 

助手席の母に「ねぇ、破水したかも……」と話しかけると、「破水してもすぐには生まれないから大丈夫じゃ~ん?」と信じてなさそうな雰囲気。

 

そうこうしてる間に、自分の意志とは関係なく漏れる水。

自宅について母がドアを開けてくれて、降りた私の後姿と座席シートをみて「うわぁ!?こりゃまずいじゃん、破水してるよ!!」と、先ほどとは打って変わってそわそわする母。

そこから産院に電話して、準備しておいたお泊りセットを持って再び産院へ。

その前、人生で経験のない下痢痛に襲われ、30分以上トイレにこもりました。その後、お印が。

この時からお産の準備は始まってたんですね~。。

 

主人にLINEをして、仕事を切り上げこっちに来てくれることに。

病院到着後、羊水・子宮口の開きをチェックされ、完全破水、子宮口が1.5cm開だったので即入院。

病院の方針で出産付添人は一人のみ。家族はいったん帰って、私はLDRへ。

主人が来て、なんだかんだ話しながら時間が経ち消灯。

広いLDR。初のお産、お疲れの主人。軽い生理痛からの徐々に痛み出すお腹と腰。

心細かった~。。

この時対応してくれた看護師さん、とっても親切で頼もしくて美人さんで、今でも忘れられません。名前を確認する間もなかったので、一ヵ月検診の時に聞いたくらいでした。

 

破水してから12時間たったところで、子宮口が7cm。7時までに全開にならなかったら促進剤とのことで、7時になり点滴促進剤を打つことに。。

そこからどうなることやら、と思っていましたが、二時間後にわが子が産まれました。

37w1d

語りかけ通り、12/27に出てきてくれた素直な子。 

タイトルは、娘を妊娠中、よく聞いていた曲の中のひとつ。

歌詞通り、わが子の誕生を心待ちにしてました!

これからの成長が楽しみですわ( ∩՞ټ՞∩) ンフ~~♡

 

陣痛中は壮絶。笑

二人以上子供がいるお母さんはとんでもねぇ!(尊敬)すげぇや。と思い、母含め子持ちの知り合い全員の顔が浮かびましたw

けど、この後の会陰切開縫合、ドーナツクッションでも補えない傷跡と抜糸のほうが痛かったです。

 

二人目は二年目以降に希望です。が、好き物の私と主人、どうなることやら。笑

 

 

  にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ